健康美まめ知識

2022.09.01

「頭寒足熱」で身体をととのえる

「頭寒足熱」で身体をととのえる

 

「頭寒足熱」とは

一般的に、頭を冷やし、足は暖かい状態にしておくことを言います。現代人は、ストレスや疲労などの様々な理由から、冷え・ほてりなど、身体の熱バランスが崩れることがあります。

古くから、「頭寒足熱」は身体に良いとされ、血液の循環が良くなる、代謝が上がる、快眠、冷え性の緩和など様々な効果が期待できる健康法とされてきました。

特にパソコンやスマホを使う時間が多い方は、脳や目の緊張状態が続き、頭に熱がこもってしまいます。そして、歩く・走るなど足を動かすことが少なくなるため、足の血液を十分に押し上げることができずに滞ってしまい、冷えやすくなるのです。

-

「頭寒足熱」の状態に近づけるには

頭を冷やす

●ぬるま湯シャワー:シャンプー時は、35℃程度のぬるま湯でシャワーし、頭を冷やしてみましょう。

●頭皮用化粧水:いつでも手軽に頭部を冷やすことができます。コンディションに応じて塗布ポイント(下図)を変えてみましょう。

 

 

足(身体)を温める

シャワーだけでなく、湯船につかる習慣をつけましょう。湯船に浸かれない場合は足湯を行うと良いでしょう。入浴後の血行の良い状態で、ふくらはぎや足裏のツボを意識したマッサージもおすすめです。

 

<全身用化粧水> トニックスプレー108 

植物エキス配合。清涼感を感じられる全身用化粧水。乾燥・かゆみ・肌荒れなどのダメージを和らげ、豊かなうるおいを保ち、バランスのとれた状態へと導きます。 

<頭皮用化粧水> スキャルプセラム

バリア機能を助ける頭皮用美容液。健康的な髪を保ち、うるおいベールで頭皮を保護し、乾燥を防ぎます。

<頭皮用化粧水> グローイングエッセンス

濃密な1滴で肌本来の生命美を引き出すスキャルプローション。環境や変化に負けない頭皮で、ハリ・コシのある健やかな髪を育む土台を整えます。

写真・イラストはすべてイメージ