健康美まめ知識

2022.12.20

身体を巡る「気・血・水」

身体を巡る「気・血・水」

最近「疲れがなかなか取れない」「なんとなく体調が悪い」などの体の不調を感じることはありませんか?あなたのその不調は「気・血・水」のバランスが乱れているからかも知れません。

「気・血・水」とは人の身体を構成し、全身を巡る3つの要素のこと。「気」は生命エネルギー。元気や気力などを指します。「血」は主に血液。血液中の栄養素を運んでいます。「水」は血液以外の体液。水分代謝や免疫系に関わります。

これら3つの要素は常に身体の中を巡っておりストレスや環境により、この巡りが滞ると身体のみならず、肌へも影響を与えると言われています。

「気・血・水」チェックシート

あなたの状態をかんたん診断!

あてはまると思う項目すべてをチェックしてください。数の多いものがあなたのタイプ!

 

 

「気」が最も多い方

適度に体を動かし、しっかりと睡眠をとりましょう。身体を強くすることで、気も動き出します。もし、下痢をしやすい場合は、1回の食事量を考えて、食べ過ぎないように気を付けましょう。食べた物の消化吸収にもエネルギーを使うため、食べ過ぎは胃腸の負担になり、ますます弱くなってしまいます。

【気を補う食べ物】 芋、豆類、鶏肉、カツオ、香味野菜 など

-

 

「血」が最も多い方

しっかりと睡眠をとることを心掛けましょう。規則正しい生活と睡眠をとることで、血は作られていきます。また、ストレッチや運動も効果的です。時間がないという方は、軽いストレッチや積極的に階段を使うなど、普段の生活に取り入れてみましょう。

【血を補う食べ物】 黒豆、プルーン、人参、ほうれん草、しょうが など

-

 

「水」が最も多い方

水分の摂取を抑え、代謝をよくしましょう。水を飲みすぎると逆効果。体がだるくなったり、むくみやすくなります。汗をかく夏はこまめに水分補給し、それ以外の季節は適度な補給を意識しましょう。また冷たい飲料の飲みすぎも厳禁。体が冷えると水の巡りが滞ります。

【水を補う食べ物】 豆腐、白ごま、キノコ類、海藻類、貝類 など

-

写真・イラストはすべてイメージ